大分大学理工学部・大学院工学研究科

情報科学と計算機科学を基盤とした,情報・知能工学の応用に関する研究を通じ,新世代知的IT革命の担い手となる技術者・研究者を育成します。

知能情報システムコース ホームページ

コースの概要

intelligence_overview.jpg

情報科学の基礎から情報・知能工学の応用まで,先端技術に関する教育と研究に加えて,ICTの基礎となるプログラミング技術やソフトウェアの開発技術,情報化社会を支えるコンピュータ,インターネット,セキュリティ等の理論と設計能力,ビッグデータを有効に活用するためのマルチメディアや知識処理に関する最新技術とその応用などについて学びます。

学ぶこと

知能情報システムコースでは,ディプロマ・ポリシーに掲げられた学習・教育目標を達成するために,基盤となる基礎能力の育成および理論と実践の融合を基本理念とした教育課程を構成している。ディプロマ・ポリシーが示す能力を修得するために,教養教育科目,理工学基礎教育科目,理工学展開科目および専門科目に係るカリキュラムマップに対応した,以下に示す科目群から構成されるカリキュラムを提供する。

intelligence_learn_01.jpgintelligence_learn_02.jpgintelligence_learn_03.jpg
  1. 幅広い教養と社会性を身につけるとともに,国内外で活躍できるコミュニケーション力,情報発信力を修得するために,教養教育科目,語学系科目,専門英語教育科目等の履修を課す。
  2. 自然科学の基礎・原理を理解し,それを工学的問題に応用できる能力を修得するために,理工学基礎教育科目および理工学展開科目の履修を課す。
  3. 数理的な考え方を身につけ,情報・知能分野の専門知識・技術を理解し,それらを応用できる能力を修得するために,専門科目の履修を課す。
  4. 問題を整理・分析し,多面的に考えて解決する能力,および論理的記述とプレゼンテーションの能力を修得するために,専門科目において,演習・実験・実習系の科目の履修を課す。これらの科目では,チームとしての活動を重視している。
  5. 工学技術が社会環境と人間生活に及ぼす影響を適格に把握し,倫理観をもって適切に対応できる能力を修得するために,技術者教育科目の履修を課す。
  6. 数理および情報・知能分野の専門知識・技術を活用し,当該分野の様々な課題を解決する総合的な能力を修得するために,卒業研究を課す。

養成する人材像

数理的思考に基づいて事象をモデル化し,計算機による高度なシミュレーションや新たなシステムを自立的にデザイン・構築することができる,国際的に通用する技術者,研究者。

取得可能な資格

卒業後の進路

2016年度実績 職種別

intelligence_pie-chart_1.png

2016年度実績 業種別

intelligence_pie-chart_2.png

主な就職先一覧

情報通信業 三菱電機インフォメーションシステムズ/三菱電機インフォメーションネットワーク/メルコパワーシステムズ/NECソリューションイノベータ/シティアスコム/九州NSソリューションズ/九州通信ネットワーク/オーイーシー/大分シーイーシー/スリーエイシステム/大銀コンピュータサービス/日立システムズ/ゼンリン/インフォセンス/九州東芝エンジニアリング/富士通九州システムサービス/地域科学研究所
電気機械器具・電子部品等製造業 富士通/三菱電機/東京エレクトロン九州
その他の業種 凸版印刷/大分交通/大分県信用組合
精密機械器具製造業 エスティケイテクノロジー

Pick Up 研究テーマ紹介

古家 賢一 教授

研究テーマ 音声・音響・音楽等の音メディア処理

高騒音下で目的音をクリアに収音するために,複数のマイクロホン出力信号を計算機上で処理するマイクロホンアレー技術の研究を行っている。 また,音がどこで発生されているかをマイクロホンアレーを用いて検出する,音源位置検出の研究を行っている。 遠隔のコンサートなどをネットワークで伝送するために,複数のスピーカと複数のマイクロホンを用いて,臨場感高く再現する技術の研究を行っている。 スマートフォンなどの携帯端末を用いて日常的な身体音(心音,睡眠音など)を収音し,健康チェックやライフログを行うアプリの研究開発を行っている。

intelligence_pickup.jpg
その他の研究テーマ
  • マイクロホンアレーを用いた雑音抑圧の研究
  • マイクロホンアレーを用いた音源位置検出の研究
  • 高臨場感音響伝送技術の研究
  • 音関連スマートフォンアプリ開発

教員紹介

教授

准教授

講師

助教