大分大学理工学部・大学院工学研究科

数学や応用数学を専攻できる大分県で初めてのコースです。数理科学の魅力を堪能しながら,緻密に論理的に考える訓練をします。

数理科学コース ホームページ

コースの概要

math_overview.jpg

「数理科学」とは,伝統的な純粋数学を核としながらも,科学技術の発展や社会構造の変革に関わる応用数学をも内包する基礎科学の一大領域を指します。数理科学コースでは,数・式・図形の概念を一般化・抽象化していく過程を通して,論理的思考力・科学的分析力・創造的発想力を涵養します。また,これらの能力を基礎に,現実世界の現象理解や状況判断を行うための科学的推論能力を養成します。その上で,これらの力を発展的に融合させることにより,社会のさまざまな領域で高度専門職業人として活躍できる人材を育成します。他の学問の基盤となるだけでなく,数学やそれを含む数理科学自身が興味深い対象の集合体であることを訴えていきます。

学ぶこと

数理科学コースでは,コースの教育目標を達成するために,以下の基本方針にしたがって教育課程を定めます。

math_learn_01.jpgmath_learn_02.jpgmath_learn_03.jpg
  1. 文系理系の違いにとらわれずさまざまな学問分野に興味と関心を持たせるとともに,数理科学の世界に閉じこもることなく,他分野との協調・他分野への応用について意識を広げさせます。そのために,教養科目における自然・科学の分野以外からの履修や,理工共通科目における他の自然科学や工学系からの履修を奨励します。
  2. コースの基幹教育は,高大接続から大学院への展開までを視野に入れ,基盤の充実を第一に考えます。そのために,科目数を絞ってスタンダードな内容を確実に修得させます。基礎を固める上で特に重要な科目は週2コマの体制にし,「講義科目」に加えて「展望科目」を附置します。「講義科目」はアクティブ・ラーニングに対応するために演習の要素を加味します。「展望科目」は講義の補足・補充,演習の充実,発展的内容の展開を目的とした総合科目にします。
  3. 初年次からの微分積分と線形代数はすべての分野の基礎となるので,徹底して数学の考え方を身につけさせます。そのために,すべての科目に「展望科目」を附置します。
  4. コースの基幹教育においては,数理科学を6分野(代数学,幾何学,解析学,応用数学,統計科学,情報科学)から構成されると考え,それぞれを同等の重みで扱い同数の科目を設置します。各分野とも包括的な内容を含む科目を配置してすべての学生に修得させます。学生は3年次以降に自身の興味に応じて専門を絞っていくことになりますが,個々の分野が相互に影響しあって数理科学というひとつの構造物が構築されていることを認識し,主専攻分野以外にも努めて第二,第三の分野にも関心を広げるように奨励します。
  5. 社会生活への順応,学術上の国際化に配慮して,将来設計や英語の利用を目的とした科目を配置します。社会における科学の役割と影響力を理解し,複雑化する社会を生き抜くために自ら学び続けられることが必要だからです。同時に国際化社会を生き抜くために,言語を通して情報を受信する能力,発信する能力を養成します。

養成する人材像

論理的思考力と発見的創造力をあわせもち,数理的知識・推論を活用して問題解決に寄与するとともに,次の世代の発展にも貢献できる科学者,技術者,教育者,研究者。

取得可能な資格

予想される就職先一覧

数理科学・コンピュータ を使う産業 電気,機械,材料,建設などのメーカー / 交通,運輸,物流,流通などの制御系 / 情報処理,ソフトウェア,情報セキュリティ / 銀行,保険,証券,リースなどの金融 ・商社,小売り,卸売り,サービス業
公務員 国家,地方,警察,税務,司法
教育 中学校教員(数学) / 高等学校教員(数学) / 研究所,教育産業,人材開発系

Pick Up 研究テーマ紹介

小畑 経史 助教

研究テーマ ランクつき選好データからの対象の類似性評価

複数の人間がいくつかの評価対象を自分の好みの順に並べたデータ(ランクつき選好データ)を用いて,対象の類似性(近さ/遠さ)をひと目で判りやすい空間配置の形で評価する手法について研究している。また,同じデータから対象の人気の高さを評価する手法についても研究している。

math_pickup.jpg
その他の研究テーマ
  • 主観的な判断基準を含んだ意思決定のための手法の研究
  • スポーツチームのパフォーマンスを評価する手法の研究

教員紹介

教授

准教授

講師

助教